製品情報

溶射ロール

高い耐摩耗性を備えたタングステンカーバイド系溶射皮膜です。

当社では、超音速ガス溶射(HVOF)設備を使用し、密度・密着力・平滑性の高い溶射皮膜に加工します。
高品質フィルム・シート・製紙用ロールに使用されています。

厚さも形状によっては10mm以上のコーティングが可能です。

溶射ロール

特長

・皮膜の多様性
 溶射皮膜材料(溶射材)は、タングステンカーバイド(WC)系の下記ラインナップを初めとして
 お客様のニーズに合わせて成分を調整する事が可能です。
  ・WC-12%Co
  ・WC-NiCr27%
  ・WC-14%CoCr

・超鏡面仕上げ
 当社の溶射ロールは、Ry0.1μmの鏡面仕上げ(超鏡面溶射加工)が可能です。

・皮膜の緻密化
 当社の溶射ロールは、ボイド径を、従来比で60%縮小させる事も可能です。
 これにより従来の溶射皮膜よりも平滑性・耐食性に優れた溶射皮膜をご提供致します。
 (緻密化溶射ロール

ポイント

高い密着力と耐摩耗性によりロールのメンテナンスコストの低減を図れます。

皮膜の平滑性が高く、製品の高品質化と安定化が可能です。

採用事例

製鉄用プレスロール、テンションロール、ガイドロール
フィルム用ガイドロール、延伸ロール、
印刷機械用ロール、製紙用塗工ロールなど

最大施工可能寸法

φ500×5000L
(超鏡面溶射・緻密化溶射は φ400×2600L)

その他ロール以外の平板等にも施工可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

物性、比較データ

11

加工・処理から探す

機能から探す

ページトップへ