製品情報

タフカーボン

HV5000を誇る当社オリジナルの超高硬度DLC皮膜です。

従来のDLC皮膜より2.5倍の高硬度、高い耐熱性、非汚染性、離形性、平坦性など様々な特徴を持った高性能皮膜で、摩擦や摩耗から、電子部品を初めとした様々な素材を守ります。

タフカーボン

特長

・超高硬度
 GCIB(ガスクラスターイオンビーム)法によるコーティングで、一般的なDLC皮膜の2.5倍にあたる HV5000 の超高硬度を達成しています。

・高い耐熱性
 従来型DLCの倍、400℃(無酸素雰囲気下では500℃)まで、硬度がほとんど低下しません。

・低温施工性
 成膜温度が100℃以下のため、熱に弱い素材へも施工可能です。

・高い寸法保持性
 標準膜厚0.3μm以下の極薄膜のため、コーティングによる母材歪みがほぼありません。

・非汚染性
 DLC特有の優れた非汚染性を持ち、汚れの付着を防ぎます。

ポイント

耐摩耗性UPで製品の長寿命化を図り、メンテナンスコストを削減します。

高い耐熱性があり、適応範囲が広いコーティングです。

コーティングによる母材歪みが少なく、寸法精度の厳しい製品にもお使い頂けます。

はんだ、たんぱく質等、様々な汚れから製品を守ります。

※コーティング部は、平面形状が最もタフカーボンの硬度を発揮できます。

採用事例

・電子部品/パーツフィーダー
・チャック、パンチ部品
・切削工具

最大施工可能寸法

・φ100mm
(部分的なコーティングの場合・・・300×280×150)

・重量10㎏以下

(ご検討の製品形状についてはご相談下さい)

物性、比較データ

16

加工・処理から探す

機能から探す

ページトップへ